悪評?口コミは?転職先は?Mentors(メンターズ)の評判・料金を現役SEが解説

Mentors(メンターズ)
SONY DSC

現役SEが一番オススメする転職エージェント

5月は正社員になるチャンスの時期です。なぜなら5月は求人数は減少しますが、短期退職した人たちの穴を埋めるために再度、募集をかける企業もあり、穴場な優良求人も出てくるところになるからです。

6月に入ると再びスキルや経験をもった人たちが転職活動の準備をし始めるため、そのような人たちと争わなければならず、厳しい就活を強いられてしまう可能性もあります。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも転職ドラフト という会社は

  • ITエンジニア
  • WEB
  • プログラミング

などのIT系に強い求人を数多く扱っている転職エージェントです。

そのため、紹介してくれる求人も「IT・WEB系」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは転職ドラフト に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?

\公式サイトはこちら/

 詳細はこちら>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

こんにちは、大企業で現役SEとして働いているアラサーSEのAI(アイ)です。

この記事を読んでいる人は

  • 転職して年収を上げたい
  • 将来のために何かスキルを身に付けたい

と思ったりするのではないでしょうか?

実際、経済産業省から発表されているデータでは、IT人材の不足は、現状17万人から2030年には約79万人に拡大すると予測されています。

しかし、

  • 転職エージェントがたくさんあって選べない
  • 転職エージェントを使っても本当に転職できるか不安

など、悩む方も多いと思います。

転職エージェントを見つける一番簡単な方法は?

転職エージェントを使わなくても転職活動をすることは可能ですが、ひとりで転職活動をしていると、挫折してしまったり、時間がかかることがあります。

「Mentors(メンターズ)」は、月額980円から、

・将来のキャリア戦略

・転職支援

・仕事上の些細な悩み 

などを相談することができ、中長期にわたってサポートしてくれるキャリア相談サービスです。

・キャリアや職場の人間関係に悩んでいる

・コーチングやカウンセリングはお金が高い

と悩んでいる方は、一度相談してみないと、もったいないサービスのひとつ。

この記事では、Mentors(メンターズ)の口コミや評判、料金について紹介していきます。

Mentors(メンターズ)とは?

「Mentors(メンターズ)」とは、東京に本社を構えるLife Will Change株式会社が展開する定額制キャリアサポートサービスです。

・仕事のキャリア戦略

・転職支援

・些細な悩み

まで、経験豊富なメンターに相談することができます。

経験豊富なメンターが、中長期にわたってサポートしてくれるサービスです。

5年後、10年後の自分のキャリアに後悔しない様に、今の不安をメンターがサポートをしてくれます。

また、現在は、基本的にオンラインで行っています。

Mentors(メンターズ)運営会社

Mentors(メンターズ)は、LifeWillChange株式会社が運営している転職支援サービスです。

設立は2020年と非常に若い企業ではありますが、この記事でも紹介したmemntors以外にも、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウトサービスであるCXO stockの運営も行っています。

このように人材育成や職業適性に特化した事業を展開しているので、キャリア相談も安心して行うことが可能です。

Mentors(メンターズ)の料金は?

他のキャリアサポートサービスと大きく違うのは圧倒的コストパフォーマンスの良さです。

他社の料金体系より、はるかに初期費用が安く抑えられます。

ほかの有料サービスでは10万円~20万円という金額がかかってきます。

それに比べ、メンターは月額980円での圧倒的な金額の安さで、丁寧なサービスを受けることができます。

なので、初めての方にもとても利用しやすいことがわかります。

ただし、プランによって料金体系は異なってきますのでしっかりと自分に合ったプランを選びましょう。

また、有料サービスでは、有料であるからこそ受けられるサービスが沢山あります。

さらに、Mentors(メンターズ)の特徴として目をはるのが、転職の悩みや不安を、段階に合わせてサポートをしてくれます。

それをもとに、あなただけのキャリアカルテを作成し、将来のキャリアの見える化をしてくれます。

キャリアに悩んだ方は、まずは利用してみないと勿体ないサービスだと思います。

Mentors(メンターズ)評判・口コミは?

実際にこのサービスを受けて人の意見をまとめてみました。

Mentors(メンターズ)評判・口コミ

・メンターの経験が豊富であり安心感があった。
・アドバイスがわかりやすく客観的であった。
・少しでも気になったこと不安なことにも最後まで親切に対応していただいた
・転職エージェントとは異なり、自身の強みや長期目線での相談ができました
・キャリアカルテの作成のおかげで転職後も見て振り返ることができた

などの口コミや評判が上がっていました。

ご覧の通り、「Mentors(メンターズ)」を活用しているユーザーの満足度には個人差があります。

エンジニアとして転職したい、将来、独立したいという人は、まずは気軽に相談してみてください。

また、短期間で確実にエンジニアとして転職したいという方は『テックキャンプエンジニア転職』のような、転職の斡旋先が豊富で(転職成功率99%)、転職を保証(転職できなければ受講料全額返金)してくれるプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

また、他の転職エージェントについてはこちらの記事「最新!ITに強いおすすめ転職エージェント10社を現役SEが紹介!」を参考にして下さい。

Mentors(メンターズ)のメリット・デメリットは?

Mentors(メンターズ)のメリット

・経験豊富なメンターから直接アドバイスや、中長期のサポートが受けられる

・他社の料金プランよりはるかに初期費用が安く、初めての方も相談しやすい

・最後まで親身になってサポートしてくれる

専門のメンターによる低価格中長期サポートはかなり心強いですね。

メリットは、上げたらきりがないようにも感じます。

Mentors(メンターズ)のデメリット

・メンターに相談を頼りすぎてしまうことがある

・転職時にもらえる祝い金15万円欲しさに、転職判断を誤る可能性あり

他にもユーザーによって感じ方は様々ですが、まだ設立して間もない会社なのでそんなにデメリットの情報は出ていないようでした。

Mentors(メンターズ)に向いている人は?

・中長期的に低コストでサポートを受けたい人
・キャリアについて学びたい、またスキルアップにつなげたい人
・転職のためにしっかりと準備をしたい人

このような方に向いていると考えます。

また少しでも自分の将来や転職とことで不安がある人は、まずは無料相談をおすすめします。

Mentors(メンターズ)質問

Mentors(メンターズ)によくある質問。

・地方からでも受講できる?

地方からでも受講できる?

A:セッションは、基本的にZOOMを使用したオンラインで完結します。

地方在住で都市部の転職支援サービスの利用が難しい人でも安心して利用可能です。

・転職する気はないけど利用できる?

転職する気はないけど利用できる?

A:キャリア設計をするうえで、転職が必要な場合もあれば、現職に留まるという選択肢もあります。

自信が構築したいキャリアはどのようなものなのか、また実現するためにはどうしたら良いのかメンターに相談するところから始めてみましょう。

・メンターを選ぶことが出来る?

メンターを選ぶことが出来る?

A:メンターを選ぶことも、変更することも可能です。

プロフィールを確認し、相談内容に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。

※Mentors(メンターズ)HPより

Mentors(メンターズ)まとめ

Mentors(メンターズ)は、他の転職エージェントと比較すると、低価格で有意義なサービスを受けることが出来ます。

ITWeb業界は急速に発展していて、2030年には、エンジニアの人材が約79万人不足するというデータまで出るほど、人材が不足している業界になります。

Mentors(メンターズ)では、オンラインカウンセリングを実施しています。

今後のキャリア戦略についての相談なども積極的に行っています。

日本だけでなく、世界中のどこにいても 仕事が出来るスキルを持つということは、 将来的にかなり大きな財産になるのではないでしょうか?

将来のキャリアについて真剣に相談できるのは、数ある転職エージェントの中でもMentors(メンターズ)だけです。

1年後の自分の未来を変えるために、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

現役SEが一番オススメする転職エージェント

5月は正社員になるチャンスの時期です。なぜなら5月は求人数は減少しますが、短期退職した人たちの穴を埋めるために再度、募集をかける企業もあり、穴場な優良求人も出てくるところになるからです。

6月に入ると再びスキルや経験をもった人たちが転職活動の準備をし始めるため、そのような人たちと争わなければならず、厳しい就活を強いられてしまう可能性もあります。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも転職ドラフト という会社は

  • ITエンジニア
  • WEB
  • プログラミング

などのIT系に強い求人を数多く扱っている転職エージェントです。

そのため、紹介してくれる求人も「IT・WEB系」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは転職ドラフト に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?

\公式サイトはこちら/

 詳細はこちら>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

コメント