悪評?口コミは?テックベースとは?評判や料金は?現役SEが解説!

テックぺース

現役SEが一番オススメする転職エージェント

5月は正社員になるチャンスの時期です。なぜなら5月は求人数は減少しますが、短期退職した人たちの穴を埋めるために再度、募集をかける企業もあり、穴場な優良求人も出てくるところになるからです。

6月に入ると再びスキルや経験をもった人たちが転職活動の準備をし始めるため、そのような人たちと争わなければならず、厳しい就活を強いられてしまう可能性もあります。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも転職ドラフト という会社は

  • ITエンジニア
  • WEB
  • プログラミング

などのIT系に強い求人を数多く扱っている転職エージェントです。

そのため、紹介してくれる求人も「IT・WEB系」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは転職ドラフト に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?

\公式サイトはこちら/

 詳細はこちら>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

こんにちは、大企業で現役SEとして働いているアラサーSEのAI(アイ)です。

この記事を読んでいる人は

  • 転職して年収を上げたい
  • 将来のために何かスキルを身に付けたい

と思ったりするのではないでしょうか?

実際、経済産業省から発表されているデータでは、IT人材の不足は、現状17万人から2030年には約79万人に拡大すると予測されています。

しかし、

  • 転職エージェントがたくさんあって選べない
  • 転職エージェントを使っても本当に転職できるか不安

など、悩む方も多いと思います。

自分に合った転職エージェントを見つける一番簡単な方法は?

プログラミングスクールに通わなくても、独学でプログラミングを学ぶことができる?と思われるかもしれませんが、独学で学ぶと時間がかかったり、挫折してしまう人がほとんどと言われています。

テックベースとは、就活生や大学生の為の料金無料プログラミングスクール・インターンシップのサービスを展開しているエージェントです。

主に、文系の学生やプログラミング未経験者を中心に受講することが出来ます。

プログラミングを学びたい方や、サポートを受けながら転職したい方は、登録しないともったいないです!

こちらの記事では、テックベースの口コミや評判を紹介します。

テックベースとは?

テックベースとは、一度プログラミングに挫折した方や、既にプログラミングを学んだことがある方に沿ったコースも提供している為、学生からの評判が高いプログラミングスクールです。

学習は約2か月間オンラインで行うため、学校の授業やアルバイトで忙しい学生でも空いた時間に好きな場所でプログラミング学習ができます。

学習するうえで分からない点がある場合、チームメンバーやプログラミングの講師にチャットやビデオ通話で聞くことも可能です。

また、就活中や他の会社のインターンシップを受けてる途中でもテックベースのプログラミング学習を受講できるので、余った時間に効率よく学べます。

プログラミングは「分からないことが分からない」といった事があるので、チャットで説明できない難題も直接話し合うことで解決できます。

こちらの記事では、テックベースの口コミや評判を紹介します。

テックベースの特徴は?

テックベースの特徴として、プログラミングスクール卒業後は、就活イベントの招待や個別面談があります。

プログラミングスクール卒業後の方向性や、どのような感じのIT企業に入りたいかなどのヒアリングができ、内定獲得まで手厚いサービスを受けられるのが特徴です。

プログラミング受講の料金が無料かつ内定までのサポートがある為、満足度が94%とかなり評判の良いプログラミングスクールです。

中には一流の大手IT企業に内定が決まった学生がいるので、大学生活にプログラミングを学ぶ機会を失ってしまった方にはチャンスです。

テックベースの受講するプログラミング言語は下記の通りです

● PHP
● MySQL
● HTML

上記の3つのプログラミング言語をある程度できるようになると、Webサービスを修正することや制作ができます。

世界中の40%以上のWebサイトで使用されているWordPressは「PHP」「MySQL」「HTML」によって構築されているので、Webサイトを作る知識をテックベースで学ぶことができます。

PHPは条件分岐や配列、繰り返し処理、データベース接続などを行う言語なので、基礎を覚えると世界的に有名なJavaや人工知能を作るのに向いているPythonなどの言語も覚えやすくなります。

MySQLはデータベースの言語で、OracleやSQLServerなどのデータベースを扱う言語も覚えやすくなります。

データベースの言語は特にどの言語も似ているので、MySQLを覚えるだけで様々なデータベースを扱えるようになります。

プログラミング言語は多数存在しますが、少し構文は異なるものの基本的な考え方は似ているので、金融やスマートフォンのアプリを作っている会社の言語も覚えやすくなります。

プログラミングの基礎を独学で覚えるには多くの時間を必要とします。

最初は自分で調べる事すら難しく挫折してしまう方が多くいるため、就活を控えている学生は特に効率よく学習する必要があります。

テックベースでは無料で効率よくプログラミングを学べるので、時間がない就活生や大学生の選択肢の一つとして選ばれています。

無料でプログラミングを学びたい大学生は、利用しないともったいないです!

テックベース 評判・口コミは?

現在テックベースでは、完全はリモートでの学習となるので、人によっては放置されていると感じる方もいます。

チャットやビデオ通話で聞くことはできますが、基本的にはGoogleで検索して自力で解決する必要があります。

ですが、実際の現場でも自力で検索して解決する力が必要な為、開発現場で必要な自分の力で解決する力もつけることができます。

テックベースの評判の良い点は文系の学生でも受講でき、内定獲得まで無料でサービスを受けられる点です。

必ずIT業界に就職活動しなくてもよいため、プログラミングに興味がある程度の方でも受講できます。

もしIT業界に就職をすることを決めた場合、IT業界に特化した就活イベントに参加することができるので学習後もサポートを受けられます。

料金無料でプログラミング学習から内定獲得までのサービスは、学生からするととても助かるサービスです。

テクベースの口コミや評判はこちら「テックベースとは?評判・口コミ・各コースを現役SEが解説した!」を参考にして下さい。

テックベースの料金は?

PCは個人で用意する必要がありますが、受講やインターンシップには1円も必要ない為完全に無料で受けることができます。

もちろん内定までのサービスも完全無料なので、テックベースに支払う料金は一切ありません。

ここまで無料だと中には不安になる方がいるかもしれませんが、テックベースの理念である「新卒ITエンジニアを増やす」に共感している企業からの費用で活動しているため、学生は完全に料金無料で受講できます。

その為、最後まで安心してサービスを受けられます。

また、テックベースの中でも特に理系の学生に特化した「TECH-BASE ENGINEERING」コースも人気です。

このコースは、理系の学生を対象としているもので、無料で受講することが出来ます。

このコースの特徴として、高い年収が狙えるエンジニア職種への就職をすることが出来ます。

また、チームとして活動をしてく為、1人で就活を進めることが不安な方は利用しないともったいないコースです。

テックベースのメリットとデメリットは?

まず初めにメリットを紹介します。

● 学習料金が無料で受講できる
● リモートと対面両方に対応
● 内定獲得までのサポート

テックベースの一番のメリットは無料で受講できる点です。

一般的なプログラミングスクールは20万円~60万円程必要で、もし大学の学費を払いながらだととても厳しい料金です。

リモート学習が基本なので、学校の授業やアルバイトが忙しい学生も受講することができます。

リモートだけではとても不安に思うかもしれませんが3回スクールに出席する必要があり、出席時に直接理解できなかった点を確認できます。

今までIT業界に興味がなかった学生も安心できるよう、内定獲得までをサポートしてくれます。

IT業界にも様々な専門用語や特徴がある為、個人で判断が難しい点もアドバイザーに相談をして不安を解消できます。

無料でスクールを受けたい方や、地方在住の方は、こちら

>【エリア別】おすすめのプログラミングスクールを現役SEが紹介!

>大学生におすすめの無料プログラミングスクール4選をご紹介

を参考にして下さい。

テックベースのデメリットとは?

● ある程度自分の力で努力する必要がある
● パソコンは自分で用意

リモート学習はどこでもできるメリットがありますが、モチベーションを保つことができなければ継続は難しいです。

更に、プログラミングの習い始めは分からない事ばかりなので、ある程度1人で勉強できる力がないと挫折してしまう可能性があります。

プログラミングをするにはパソコンがないとできないので、パソコンを持ってない方は新しく購入しなければいけません。

中古パソコンでも問題はありませんが、5年以内のモデルのパソコンを使用することをお勧めするので最低でも2万~5万円ほどは必要です。

テックベースの転職サポートは?

テックベースは修了後、インターンシップ生は本格的な就活を開始することになります。

テックベースによるサポートはむしろ、そこからが本格化していくと考えた方がいいです。

全てのインターンシップ生が就職活動に成功するように、徹底的にサポートしていきます。

スカウト型就活イベントに招待

ThinkSelectionEngineerは、テックベースのインターシップ修了者だけが参加できる贅沢なスカウト就活イベントです。

参加企業はIT業界に特化し、マッチ率が非常に高いイベントとなっています。

プロのアドバイザーが就活個別面談

年間1万人以上の人材を対象に面接対策を行うプロのIT専門アドバイスとの面談を受けることが出来ます。

どんな場所に自分がマッチしているのか?

何をアピールするべきか?

就活に向けての戦略を立てていきます。

追加でさらに実践的なインターシップも

より高い目標を持った学生が、希望通りの就職を実現するために、新たな知識を吸収することにもテックベースは協力します。

目標とする企業が求める技術レベルに到達するために、追加のオンラインレッスンを提供していきます。

また、企業に確実に届くポートフォリオづくりもアドバイスをします。

テックベース 就職先一覧

では、実際にテックベースを利用した人の就職先について紹介していきます。

テックベースを受講した卒業生は、有名企業の就職先が多いです。

テックベースに参加する流れ

①インターンガイダンスに参加する

テックベースを始めるには、まずはインターンガイダンスに参加します。

約1時間半のこのガイダンスでは、テックベースのプログラミングインターンについて詳しく知ることが出来ます。

「参加しようか迷っている・・」

という方でも、まずは話だけでも聞いて判断すると良いでしょう。

オンラインで定期的に開催されているみたいなので、都合の良いタイミングで参加してみてください。

②プログラミングインターンを開始する

ガイダンスで相談して、納得がいけば早速プログラミングインターンを開始。

好きなタイミングで学習することが出来ます。

大学生に合わせたプログラミングなので、バイトと両立することが可能です。

③就活サポートを受ける

テックベースのプログラミングインターンを卒業すれば、特別に就活サポートを受けることが出来ます。

具体的には、ITエンジニアを採用したい企業が集めるスカウトイベントに卒業生として特別招待されます。

さらに、テックベース運営側の方が、メンターとして就活の相談にのってくれます。

内定を獲得するまで、上手にテックベースを活用すると良いでしょう。

もちろん、エンジニア志望ではなくても、就活サポートは受けることが出来ます。

プログラミングのサポートと就活支援が受けられ、完全無料なのはテックベースだけです。

まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

運営会社は信用できる?怪しくない?

テックベースを運営するにあ、シンクトワイス株式会社です。

2009年に設立されて、一貫して新卒学生の人材紹介事業を行ってきました。

テックベースのサービスをリリースしたのは、2017年10月から。

新卒採用をめぐって、企業のニーズと学生の現実に触れながら、そのギャップを埋める必要があるから。

就活を進める新卒の学生にとって大きな企業の悩みは、企業の本音が見えないところです。

大学生が企業に認められるために、どんな努力をすればいいか本当のところが分からないところです。

そんな状況に手を差しのべてきた企業ならではの、地に足をつけた学習活動がテックベースと言えます。

テックベースのまとめ

テックベースは今までプログラミングとは無縁の学生生活や、文系の大学生でも完全に無料で受講できます。

プログラミング経験者や、過去に挫折した方でも受講から内定獲得のサービスを受けることができるのですべての学生が対象となっています。

プログラミング学習後は内定獲得に向け、非公開の就活イベントへの参加や個別面談を受けることができます。

今までIT業界の事を全く知らなかった学生も、プロアドバイザーからのアドバイスにより複雑なIT業界の特徴を理解できます。

プログラミングを学び、内定獲得まで手厚いサービスを無料で受けられるのはテックベースだけです。

文系の学部に入学したけどプログラミングを始めてみたい学生や、もう一度プログラミングに挑戦したい学生にお勧めのプログラミングスクールです。

プログラミングをびたい方や、転職を成功させたい方は、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

現役SEが一番オススメする転職エージェント

5月は正社員になるチャンスの時期です。なぜなら5月は求人数は減少しますが、短期退職した人たちの穴を埋めるために再度、募集をかける企業もあり、穴場な優良求人も出てくるところになるからです。

6月に入ると再びスキルや経験をもった人たちが転職活動の準備をし始めるため、そのような人たちと争わなければならず、厳しい就活を強いられてしまう可能性もあります。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも転職ドラフト という会社は

  • ITエンジニア
  • WEB
  • プログラミング

などのIT系に強い求人を数多く扱っている転職エージェントです。

そのため、紹介してくれる求人も「IT・WEB系」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは転職ドラフト に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?

\公式サイトはこちら/

 詳細はこちら>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

コメント