ウィットのファクタリングってなに?評判・口コミ/仕組みを検証!

ウィット

㈱ウィットは非対面式(オンライン取引)のファクタリング会社で、振込まで最短2時間という圧倒的なスピードと、小口取引(50万円からOK)に特化したサービスで、利用者を急速に伸ばしているファクタリング会社です。

ファクタリングは利用する会社によって審査の厳しさや手数料率、振込までのスピードが違うので、有利な条件で資金調達をするにはいくつかのファクタリング会社に問い合わせて条件を比較してみることが大切です。

「資金調達する金額が比較的少額(50万円~500万円)」「普段からネットやメールを利用している」「振込を早くしてほしい」といったニーズのある方であれば、㈱ウィットが最適な選択肢の一つになると思います。

反対に、「資金調達する金額が500万円~と比較的大きい」場合にはQuQuMo(ククモ)、「対面で説明を聞きたい」という場合にはアクティブサポートなどのファクタリング会社がおすすめです。ご自身の属性にあわせたファクタリング会社で見積もりをとると良いでしょう。

ファクタリング会社は銀行融資が難しい場合や、急ぎで資金調達をしたい場合などに事業運営の強い味方になってくれる存在なので、本記事を参考に自分にあったファクタリング会社を見つけていただければと思います。

【ファクタリング】㈱ウィットとは?

㈱ウィットは2016年設立の比較的新しいファクタリング会社ですが、50万円~という少額から資金調達が可能なこと、最短2時間という私の知る限り業界最速の振込スピード、低コストの非対面式で低い手数料率を提供していて、利用者を急速に伸ばしてきています。

㈱ウィットの振込までの所要期間【最短即日2時間で振込】

㈱ウィットを利用するメリットの一つが業界トップレベルの振込スピードです。

ファクタリング会社の多くが審査の過程で面談を必要としているため、振込までに時間が掛かったり、面談のための交通費が掛かったりしますが、そういったデメリットがないのが非対面式、オンライン完結の㈱ウィットの強みになっています。

ファクタリング会社各社の振込までの所要時間を見てみるとウィットが非常に早いのがわかります。

ウィットのファクタリング手数料【相見積もりで比較がおすすめ】

ファクタリングの手数料は、利用するファクタリング会社によって異なり、また利用する方の審査結果によっても手数料が変わってきます。

ファクタリング会社の多くは、手数料の水準を公開していますが、利用したときにどれくらいの手数料になるかは問い合わせ・審査をしてみないとわかりません。

ただし、基本的にはネットや電話で手続きが完結するオンライン型のファクタリング会社の方がサービス提供にコストが掛からないためファクタリング手数料が安くなる傾向があり、また利用者の属性とファクタリング会社の得意分野がマッチしていると、低い手数料で利用できるケースがあります。

㈱ウィットは手数料の安くなりやすい非対面型のファクタリング会社で、小口に特化しているので、資金調達したい金額が大きくない場合は優先的に見積もりを取りたいファクタリング会社です。

一方で、事業規模が大きく、500万円以上の資金調達を考えている場合は、別のファクタリング会社の方が良い条件が引き出せると思います。

㈱ウィットのファクタリングサービス対象エリア、営業拠点【東京、仙台、福岡】

ウィットのファクタリングサービスは、非対面でのサービスということもあり、日本全国に対応しています。

東京や大阪などの都市部に住んでいる場合は、ファクタリング会社の事務所がいくつもあるため、あまり困ることはありませんが、地方都市の場合には、ファクタリング会社の事務所を訪問する時間や費用が掛かってくるので、そういった面でも非対面式の資金調達サービスは便利ですね。

なお、ウィットの営業拠点は東京、仙台、福岡の3拠点です。

ウィットで対応可能な資金調達契約【2社間ファクタリング、3社間ファクタリング】

ファクタリングの取引形態には2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、㈱ウィットではその両方に対応しています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングにはそれぞれ長所と短所があるので、ご自身の状況を踏まえてどちらを利用するか選択すると良いでしょう。

「手続きを簡単にしたい」「資金化を急いでいる」「取引先にファクタリングの利用を知られたくない」といった場合には2社間ファクタリング、「ファクタリングの利用について取引先の協力が得られそう」な場合には3社間ファクタリングを利用するのがおすすめです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについては以下にまとめていますので、確認してみてください。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と資金調達をしたい個人事業主(又は会社など)の2社間でファクタリング契約を結ぶやり方です。

2社間ファクタリングの大まかな取引の流れは以下のようになります。

<2社間ファクタリングの流れ>

1. ファクタリング会社と個人事業主の2社でファクタリング契約を締結
2. 個人事業主がファクタリング会社に売掛金を譲渡
3. ファクタリング会社が個人事業主に売掛金の買取代金を支払う
1. 売掛金の支払期日が到来すると、売上先から個人事業主に代金が支払われる
2. 個人事業主がファクタリング会社に売掛金分を支払う

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と資金調達をしたい個人事業主(又は会社など)と売上先の3社間でファクタリング契約を結ぶやり方です。

3社間ファクタリングの大まかな取引の流れは以下のようになります。

<3社間ファクタリングの流れ>

1. ファクタリング会社と個人事業主と売上先の3社でファクタリング契約を締結
2. 個人事業主がファクタリング会社に売掛金を譲渡
3. ファクタリング会社が個人事業主に売掛金の買取代金を支払う
4. 売掛金の支払期日が到来すると、売上先からファクタリング会社に代金が支払われる

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのメリットデメリット

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのメリットデメリットをまとめると以下のようになります。

必ずしも、どちらのやり方が優れているというものではありませんので、ファクタリングの利用者の事情や売上先との関係などによって、どちらのやり方を採用するか検討すると良いでしょう。

<2社間、3社間ファクタリングのメリットデメリット>

2社間ファクタリングでは、売上先にファクタリングによる現金化を知られずに済みますが、3社間ファクタリングの場合は3社間でファクタリング契約を行い、売上先から直接ファクタリング会社に支払いが行われるため、売上先にもファクタリングの事実を知られることになります。

多くの場合は問題ないと思いますが、売上先に資金繰が苦しいと思われるリスクが気になるようであれば、2社間ファクタリングが有力な選択肢になります。

また、契約の手間としては、契約当事者が3社になる3社間ファクタリングの方が手間が掛かり、その分資金調達までの時間が掛かるのもデメリットになります。

手数料と審査の面から見ると、3社間ファクタリングの方が、審査が緩く、手数料率も安くなるケースが多いです。

これは3社間で契約を結ぶことによって、ファクタリング会社はより確実に資金を回収できるようになるためです。

ウィットのサービス対象者【法人、個人事業主に対応の即日少額取引特化】

㈱ウィットでは法人と個人事業主の両方を対象にサービスを提供しています。

ファクタリング会社の多くは法人と個人事業主を対象にしていますが、中には個人事業主を対象外にしているファクタリング会社もあるので、個人事業主でファクタリングを利用する際には注意しましょう。

ウィットの取引金額【~500万の即日少額取引に特化】

㈱ウィットの特徴の一つが、下限なし~500万円の比較的小口の取引に特化したファクタリング会社である点です。

以下は、主なファクタリングサービスの一覧ですが、ウィットのように小口に特化したファクタリング会社は他にありません。

個人事業主の場合は、比較的小さい金額で資金調達を検討することが多いと思いますので、㈱ウィットは事業規模がまだあまり大きくない個人事業主の方や中小企業におすすめのサービスです。

ウィットはこんな人におすすめ【即日資金調達希望や手数料を抑えたい方】

㈱ウィットのファクタリングサービスの特徴を見てきましたが、まとめると㈱ウィットは以下のようなユーザーの方におすすめのサービスです。

<㈱ウィットはこんな人におすすめ>

資金調達を急いでいる(㈱ウィットは業界最速レベルの最短2時間)

ネットや電話などオンラインのやり取りに慣れている(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)

地方のため、ファクタリング会社の拠点が近くにない(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)

忙しくて資金調達の審査に出向く時間がない(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)

売却予定の売掛金の金額が小さい(数十万円~)

上記に当てはまる方は、優先的に㈱ウィットでファクタリングの見積もりを取ってみることをお勧めします。

ウィットの口コミ評判【即日資金調達の振込スピードが好評価】

ファクタリング会社を利用する前に、気になるのがファクタリング会社の利用者の口コミや評判ではないでしょうか。

㈱ウィットは小口取引専門のファクタリング会社というだけあって、個人事業主の方や中小企業の方が多く利用をしています。

その中でも、「振込までがとにかく早い」「小口でも対応してくれるので助かる」「近くにファクタリング会社がないのでオンライン完結は助かる」といった内容の口コミが多いですね。

東京都【建設業】:とにかく早い!即日調達で助かりました。
元請けからの工事代金入金が遅れがちで、定期的に利用させてもらっています。ウィットさんの魅力はいくつもありますが中でも“スピード”に関しては、他のファクタリング会社は足元に及ばないでしょう。朝申し込めば遅くとも夕方には完了しているので、1日見ておけば問題ありません。手数料が安いのも助かるポイントですかね。建設業許可取得のために法人化(現在は個人事業主として営業中)を検討しておりますが、法人化後も相談させて頂きたいと思っています。
出典: ㈱ウィット
東京都【IT業】:事業規模が小さくても大丈夫でした。
クライアントからの入金が不安定なため、つなぎ資金としての資金繰りをする機会が多い弊社では、資金不足の時は専らファクタリングを活用しています。今回、ウィットを利用して助かったのは「事業規模」を一切審査されないという点です。他のファクタリング会社とは違い「年商5千万円以上」「資本金1千万円以上」といった無茶なフィルターが無く、債権が確認出来れば会計資料も不要という点が非常にスピーディかつ小さな会社である弊社に非常にマッチしていると感じました。今まで特定のファクタリング会社とお付き合いしていたワケではなく、都度インターネットで調べて依頼する、という流れが通常でしたが今後はウィット一択になりそうです。
出典: ㈱ウィット
神奈川県【クリニック】:法人設立時からお世話になっています。
医療法人設立時にはまとまった事業資金がある事(概ね2か月分の運転資金)を証明しなければ許可が下りません。現状の財務状況だと許可が下りない事が分かった為、すぐに兼ねてより付き合いのあったウィット様にご相談。適正かつスピーディに対応して下さったお陰で無事危機を乗り越える事ができ、医療法人としての一歩を踏み出す事ができ、大変感動した事を覚えています。あの時は本当にお世話になりました。今後も利用させて頂きたいと思います。
出典: ㈱ウィット

埼玉県【飲食店】:小口対応可能が嬉しい
年商1,500万円ほどの小さなバーを経営しています。最も大きな経費は「人件費」であ

ウィットの利用の流れ【非対面式で即日資金調達】

㈱ウィットのファクタリングサービスを利用する場合は、以下の流れで取引を行っていきます。

非対面型(オンライン完結可)のファクタリングサービスのなので、スマホだけでも簡単に見積もりから審査・資金調達が可能になっています。

QA.ウィットのファクタリング審査での必要書類

㈱ウィットのファクタリング審査で求められる書類は、法人か個人事業主かなどによっても異なりますが、通常であれば以下のような書類を求められます。

<㈱ウィットのファクタリング審査での必要書類>
会社の決算書(個人事業主の場合は確定申告書)
会社の登記簿謄本
預金通帳のコピー
売掛金の根拠となる資料(契約書、発注書、請求書など)
身分証明証(運転免許証、保険証など)

もちろん、すべての書類がそろっているのが望ましいですが、必要書類がそろわない=審査に通らない、というわけではありませんので、担当の方に相談してみましょう。

不足する書類は代替のもので補えることもあります。

よくある疑問【ウィットのファクタリングで資金調達できる?】

ファクタリングを利用するにあたってよくある疑問が、自分(事業)の信用力があまり高くなくても資金調達が可能かという点です。

例えば、以下のようなケースがよく見られますね。

開業して間もない会社(個人事業主)でも取引はできる?
赤字決算でもファクタリングは可能?
税金などの滞納があっても利用できる?

結論から言うと、㈱ウィットでは上記についてはすべて審査を受け付けています。

ファクタリング会社によっては、利用させてもらえないケースもありますが、㈱ウィットは小口取引に特化していることもあって、間口を広くして資金調達希望者を受け付けています。

審査までそれほど手間もかかりませんので、属性が心配な方もまずは審査を受けてみると良いと思います。

<㈱ウィットはこんな人におすすめ>

資金調達を急いでいる(㈱ウィットは業界最速レベルの最短2時間)
ネットや電話などオンラインのやり取りに慣れている(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)
地方のため、ファクタリング会社の拠点が近くにない(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)
忙しくて資金調達の審査に出向く時間がない(㈱ウィットは非対面式でオンライン完結で資金調達可能)
売却予定の売掛金の金額が小さい(数十万円~)

ファクタリングという資金調達方法にあまりなじみがない方もいるかもしれませんが、銀行融資やカードローンと違って借金ではないので、比較的審査も緩く振込までのスピードが早い資金調達方法です。

特に、事業を始めて間もない方や赤字決算の方、とにかく資金調達を急いでいる方にとっては、ファクタリングサービスは事業の強い味方になってくれます。

ファクタリングを利用する際には、ファクタリング取引について理解すると同時に、いくつかの会社から見積もりを取って少しでも有利な条件で資金調達をするようにすると良いですね。

コメント