SAPエンジニアがフリーランスになるには?副業案件の獲得方法も解説

プログラミングスクール

現在、SAPエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いと思います。

最近では、フリーエンジニア専門エージェントが保有するSAPエンジニアの案件数も増加してきており、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーランスのSAPエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、案件を獲得する方法について解説します。

【編集長おすすめのエージェント】

SAPのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

週3日〜5日常駐でがっつり稼げる案件や、リモートワークOK・週2〜3日の参画でOKな副業案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。

週3〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。

ITプロパートナーズ 週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。

スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

フリーランスで働くSAPエンジニアの仕事内容

働き方 常駐案件がメイン
平均年収 950万円
必須スキル 要件定義 / 問題解決力 / 設計 / 開発 / 運用・保守
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント フリーランスの職種の中ではトップクラスの月単価

一口にSAPエンジニアといっても、担当する仕事内容は設計、開発、運用・保守と多岐にわたり、場合によってはクライアントに対するコンサルティングから関わることもあります。

SAPシステムのアドオン開発は、SAPの独自言語であるABAPを用いて開発します。中でも、動的な画面遷移処理を可能とするDynproや、画面上に検索結果を表示するレポートプログラムなどが代表例です。

SAPエンジニアとして、その他に身につけておきたい知識がトランザクションコードです。トランザクションコードは、企業のユーザー側が使用するものとシステム管理者側が使用するものがあり、様々な処理を行う際に必要な知識になります。

フリーランスで働くSAPエンジニアの単価・年収相場

SAPエンジニアの報酬・年収の相場を見てみましょう。

SAPエンジニアやコンサルタントの年収は、約500万円~1,500万円と比較的幅広いレンジとなっています。SAP導入プロジェクトにおけるPMとしての経験を積むことで、着実に年収を高めていくことができます。

また、幅広い業種・業界のSAP案件に関わっておくことが、年収アップのカギと言えます。

SAPエンジニアの案件数・求人動向

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』でSAPエンジニア向けの案件を検索すると約80件、『ギークスジョブ』では約20件ほど見つかりました。最高で90万円/月の案件も見受けられました。

現在、日本国内の企業では2,000社以上がSAPを導入しています。最近では、SAP ERPの保守サポートが2025年で終了することが話題になっています。

これは「2025年問題」と呼ばれていて、移行にかかるコストや労力に頭を悩ませる企業が大量に発生しています。

つまり、2025年まではSAPの移行に関わるプロジェクトが増加するので、SAPエンジニア・コンサルタントのニーズが高まると予想できます。

また、日本企業のグローバル化に伴い、SAPシステムを導入する企業が増えるので、フリーランスのSAPエンジニア・コンサルタントの需要は今後高まっていくと予想できます。

フリーランスのSAPエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスのSAPエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

エージェントに登録すると、ブランク期間を空けないように仕事を紹介してくれるので、自分で営業をかけるという労力や精神的な不安を軽減できます。

この章では、SAPエンジニアにおすすめのフリーランス専用エージェントをご紹介します。

レバテックフリーランス | 週3〜5日稼働の常駐案件がメイン

運営会社 レバテック株式会社
対象 エンジニア / デザイナー / ディレクター / PM
平均年収 862万円
取引社数 5,000社以上
サポート内容 税理士紹介 / 確定申告セミナー / ヘルスケア(特別価格)
満足度 92.6% ※契約更新率90%

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。

フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのSAPエンジニア向けの案件は、2022年6月時点で約80件掲載されています。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

 

・フリーエンジニア専門エージェントとして知名度No1

・エンド直請け高単価案件、非公開案件を多数保有

・ユーザーの平均年収は862万円

・駆け出しフリーランスへのサポートが手厚い

>>最新!ITに強いおすすめ転職エージェント10社を現役SEが紹介!

SAPエンジニアの将来性

今後、日本国内の企業が海外拠点を持つ機会が増加します。SAPシステムは、グローバル化に必須である各国の言語や慣習を踏まえて一元管理することが可能です。グローバル化に伴って、今後SAPシステムを導入する企業は増加すると予想できます。

また、独自言語であるABAPについての情報はオープンになっていないため、SAPエンジニアとして実務経験がある人材の希少価値は非常に高いです。

その他、海外企業とのやりとりや、英語で書かれたドキュメントを理解できる語学力が問われるので、技術力と語学力を磨くことで将来性が期待できる職種といえます。

最後に

以上、フリーのSAPエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

【編集長おすすめのエージェント】

SAPのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

週3日〜5日常駐でがっつり稼げる案件や、リモートワークOK・週2〜3日の参画でOKな副業案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。

週3〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。

ITプロパートナーズ 週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。

スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。