SAPエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説!

転職エージェント

現在、SAPエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近では、フリーエンジニア専門エージェントが保有するSAPエンジニアの案件数も増加してきており、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーのSAPエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

SAPエンジニアの将来性

今後、日本国内の企業が海外拠点を持つ機会が増加します。

SAPシステムは、グローバル化に必須である各国の言語や慣習を踏まえて一元管理することが可能です。グローバル化に伴って、今後SAPシステムを導入する企業は増加すると予想できます。

また、独自言語であるABAPについての情報はオープンになっていないため、SAPエンジニアとして実務経験がある人材の希少価値は非常に高いです。

その他、海外企業とのやりとりや、英語で書かれたドキュメントを理解できる語学力が問われるので、技術力と語学力を磨くことで将来性が期待できる職種といえます。

SAPエンジニアの仕事内容

一口にSAPエンジニアといっても、担当する仕事内容は設計、開発、運用・保守と多岐にわたり、場合によってはクライアントに対するコンサルティングから関わることもあります。

SAPシステムのアドオン開発は、SAPの独自言語であるABAPを用いて開発します。中でも、動的な画面遷移処理を可能とするDynproや、画面上に検索結果を表示するレポートプログラムなどが代表例です。

SAPエンジニアとして、その他に身につけておきたい知識がトランザクションコードです。トランザクションコードは、企業のユーザー側が使用するものとシステム管理者側が使用するものがあり、様々な処理を行う際に必要な知識になります。

SAPエンジニアの報酬・年収相場

SAPエンジニアの報酬・年収の相場を見てみましょう。

SAPエンジニアやコンサルタントの年収は、約500万円~1,500万円と比較的幅広いレンジとなっています。

SAP導入プロジェクトにおけるPMとしての経験を積むことで、着実に年収を高めていくことができます。

また、幅広い業種・業界のSAP案件に関わっておくことが、年収アップのカギと言えます。

SAPエンジニアの案件数・求人動向

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』でSAPエンジニア向けの案件を検索すると約80件『ギークスジョブ』では約20件ほど見つかりました。最高で90万円/月の案件も見受けられました。

現在、日本国内の企業では2,000社以上がSAPを導入しています。

最近では、SAP ERPの保守サポートが2025年で終了することが話題になっています。

これは「2025年問題」と呼ばれていて、移行にかかるコストや労力に頭を悩ませる企業が大量に発生しています。

つまり、2025年まではSAPの移行に関わるプロジェクトが増加するので、SAPエンジニア・コンサルタントのニーズが高まると予想できます。

また、日本企業のグローバル化に伴い、SAPシステムを導入する企業が増えるので、フリーランスのSAPエンジニア・コンサルタントの需要は今後高まっていくと予想できます。

SAPエンジニアになる方法

この章では、未経験からフリーランスのSAPエンジニアを目指す方法についてご紹介します。

会社で働いて経験を積む

未経験からSAPエンジニアを目指すのであれば、まずは正社員として実務経験を積むことをオススメします。

独学でスキルを身につけるよりも、会社に勤めた方が実務を通してSAPエンジニアとしてのスキルが身につけられ、先輩社員からのフィードバックもあるので成長スピードが早いです。

転職に抵抗がない方は、『マイナビ IT AGENT』などのIT業界に強い転職エージェントを活用し、実務経験を積んだ上で独立を目指しましょう。

最新!ITに強いおすすめ転職エージェント10社を現役SEが紹介!

動画学習サービスで独学する

就職する前にSAPエンジニアとしてのスキルを磨きたい方は、独学で学習することになるかと思います。

最近では、動画で学べる学習コンテンツが増えてきていて、自宅にいながら動画で学びたいという方はUdemyの講座がオススメです。

Udemyは様々な動画講座を販売しているマーケットプレイスで、SAPエンジニア向けの学習コンテンツが豊富にあります。

Udemy』には、実績豊富な講師による講座がたくさんあるので、自分に合った学習コースを選べるかと思います。

最大95%offになるセールが「Udemy最新のセール情報を更新!セールの種類や人気の講座を紹介!」定期開催されているので、ぜひチェックしてみてください!

フリーのSAPエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスのSAPエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェント「最新!フリーランスエージェント20社を現役SEが徹底比較した! 」に登録することが最も効率的です。

エージェントに登録すると、ブランク期間を空けないように仕事を紹介してくれるので、自分で営業をかけるという労力や精神的な不安を軽減できます。

この章では、SAPエンジニアにおすすめのフリーランス専用エージェントを2社ご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え求人数も増加しています。

フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのSAPエンジニア向けの案件も多く取り扱っています。※2021年4月時点で約80件掲載。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ギークスジョブ

ギークスジョブ』は、ギークス株式会社が運営するフリーエンジニア専門のエージェントです。業界実績15年、登録エンジニア数は12,000名いる業界最大手のエージェントです。

2021年4月時点で、SAPエンジニア向けの案件は20件以上掲載されています。単価としては、50万円/月〜90万円/月のレンジの案件が多いです。

ギークスジョブでは、営業・カウンセリング・サポートで各分野の専任者がフォローしてくれる体制が整っており、フリーランス向けの福利厚生も手厚いので、レバテックフリーランス同様フリーランス経験が浅い方にもおすすめできるエージェントです。

ギークスジョブの口コミ・評判はこちら「違約金?GEEK JOB(ギークジョブ)の口コミ・評判を現役SEが検証」を参考にして下さい。

SAPエンジニアの将来性

今後、日本国内の企業が海外拠点を持つ機会が増加します。

SAPシステムは、グローバル化に必須である各国の言語や慣習を踏まえて一元管理することが可能です。

グローバル化に伴って、今後SAPシステムを導入する企業は増加すると予想できます。

また、独自言語であるABAPについての情報はオープンになっていないため、SAPエンジニアとして実務経験がある人材の希少価値は非常に高いです。

その他、海外企業とのやりとりや、英語で書かれたドキュメントを理解できる語学力が問われるので、技術力と語学力を磨くことで将来性が期待できる職種といえます。

最後に

以上、フリーのSAPエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介しました。

こちらの記事におすすめのエージェントをまとめていますので、「最新!ITに強いおすすめ転職エージェント10社を現役SEが紹介!」参考にして下さい。

コメント