フリーランスの動画編集者になるには?仕事内容・年収・営業方法も解説!

プログラミングスクール

現在、動画編集者として働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近ではYoutubeやtiktok、Instagramの影響で、動画編集の仕事の需要が高まってきており、独立するチャンスがかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーランスの動画編集者になるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

動画編集の仕事内容

動画編集の主な仕事の流れとしては、撮影された動画素材をつなぎ、テロップを作成・挿入し、効果音などの音入れをするといった流れになります。具体的には以下の通りです。

・撮影された映像・音声素材を動画編集ソフトに取り込む
・構成に基づいて映像の並べ替え、切り出し
・映像にあわせてテロップを作成、合成する
・音楽、効果音、ナレーションなどの音入れ
・仮編集した動画をクライアントに確認依頼

その後、修正・確認を繰り返し、納品という形になります。 案件によっては、企画や撮影の段階から参加することもあります。

使用する動画編集ソフトとしては、『Adobe Premiere Pro』が一般的で、他にも補助的なツールとしてIllustrator、Photoshop、After Effectsがよく利用されています。

動画編集者の平均年収

動画編集の仕事の平均年収は約406万円です。

月給で換算すると32万円、初任給は21万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,651円、1,002円となっています。

動画編集者になる方法

この章では、動画編集者としての実務経験がゼロの状態から、フリーランスを目指す方法について解説します。

現在会社員の方であれば、オンラインスクールでスキルを習得→最低限の知識とスキルを習得してから動画編集者として転職→実務経験を1年以上積んでから独立のステップでフリーランスを目指すことをオススメします。

フリーランスを目指す方法

1 オンラインスクールでスキルを習得
2 会社で働いて実務経験を積む
3 動画編集ソフトや撮影機材を揃える
それでは、順に見ていきましょう。

オンラインスクールでスキルを習得

動画編集が学べるスクールとしては、ヒューマンアカデミーの『動画クリエイター総合コース』がおすすめです。

プログラミングスクールだと半年学んでもフリーランスとして仕事を獲得するのは難しいので、動画編集はかなり稼ぎやすいスキルだと感じます。

ヒューマンアカデミー(動画クリエイター総合コース)

運営会社: ヒューマンアカデミー株式会社
コースの種類 :動画クリエイター総合コース・Web動画クリエイター
総合コース
授業料: 256,190円(税込)
習得スキル: After Effects・Premiere Pro・Photoshop・Illustorator
学習スタイル: 通学・オンライン・ブレンド
サポート体制 :質問無制限・ポートフォリオ制作サポート・転職サポート

ヒューマンアカデミーの『動画クリエイター総合コース』では、現役の動画クリエイターが制作した実践的なカリキュラムになっていて、After EffectsやPremiere Proを使った動画編集スキルや、PhotoshopやIllustoratorを使ったデザインスキルを習得することができます。

最短6ヶ月、月々8,000円から講座を受講することができ、受講期間中は動画コンテンツが見放題です。サポート体制もしっかり整っており、受講中の疑問や不明点はいつでも何度でもチャットで質問することができます。

動画クリエイターとして転職を目指されている方には、転職活動時に必要なポートフォリオ制作のサポートやヒューマンの無料転職サポートが受けられます。
フリーランスを目指されている方は、案件を獲得する方法も学ぶことができます。

・動画クリエイターとして転職したい方
・副業・フリーランスとして動画編集の仕事がしたい方
・Youtuberを目指したい方
・動画編集+デザインを学びたい方

会社で働いて実務経験を積む

最低限の動画編集スキルを身につけることができたら、次に動画編集者としての実務経験が積める企業に転職することをオススメします。

なぜなら、フリーランスとして独学で知識やスキルを身につけるより、動画編集スキルが身に付く会社に就職し、大きな予算がついている実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いからです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い・・」などよっぽどの理由がない限り、『マイナビクリエイター』のような動画編集者向けの求人を豊富に扱っているエージェントを活用して、転職先で動画編集者としての実務経験を1年以上積んでから独立することをオススメします。

また、動画編集についての口コミ・評判はこちらの記事「最新!動画編集/映像制作を学びたい方におすすめのスクール10選」を参考にして下さい。

個人的には、事業会社の動画編集者として就職するより、動画制作会社や広告代理店の動画編集者として就職した方が、様々な案件に携わることができるのでオススメです。

動画編集ソフトや撮影機材を揃える

フリーランスの動画編集者として活動する場合、動画編集ソフトを自前で用意しておく必要があります。

最近では、『Adobe Creative Cloud コンプリートプラン』に契約して、PhotoshopやIllustrator、Premiere Proを活用して動画編集される方が多いです。

撮影機材については、動画素材をもらって編集するだけなら必要ないですが、最近では撮影+編集の依頼パターンが増えているので、機会損失にならないためにも撮影機材は用意しておくことをおすすめします

動画編集者が案件を獲得する方法

フリーランスの動画編集者が案件を獲得する方法は以下の通りです。

案件を獲得する方法

1 クラウドソーシングサービスを利用する
2 見込み客に直営業をする
3 ブログ・SNSで仕事を獲得する
それでは、順に見ていきましょう。

クラウドソーシングサービスを利用する

フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、クラウドソーシングサービスに登録することが最も有効です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、クラウドソーシングやエージェントを利用せず、自分で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

動画編集の案件をお探しの方は、『クラウドワークス』のサイト内検索で「動画編集」と検索することをおすすめします。

クラウドワークスについてはこちらの記事「最新!おすすめクラウドソーシング10選を現役SEが比較した!」を参考にして下さい。

クライアント先に常駐してがっつり稼ぎたいという方は、フリーランスクリエイター専門エージェントである『Webデザイン業界特化のレバテック』がおすすめです。

見込み客に直営業をする

クラウドソーシングで実績と経験を積んで、力試しとして企業に直接営業してみたいという方は、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになる動画制作会社や広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、動画編集を発注したい考えている企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっている動画制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。

こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

Wantedly』などで、「地域名 + 動画編集 + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでおすすめです。

最後に

以上、フリーランスの動画編集者になるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介しました!

動画編集は、日本だけでなく、世界中のどこにいても 仕事が出来ることを選択肢の1つとして持っていることは、 将来的にかなり大きな財産になるのではないでしょうか?

1年後の自分の未来を変えるために、まずはスクールの無料体験に参加してみてはいかがでしょうか?

コメント