無料!YouTuberにおすすめの無料動画ソフト3選を現役SEがご紹介!

プログラミングスクール

近年、YouTubeやTiktok、Instagramや動画広告などの影響で、動画クリエイターの求人需要がかなり高まってきています。

また、YouTuberの増加に比例し、動画クリエイターの求人需要と比例する形で、動画編集スクールも増えてきています。

こちらの記事では、無料で使える動画編集ソフトを紹介していきます。

また、かなり低価格で学べる動画編集スクールを厳選してご紹介します。

YouTuber 動画編集の仕事内容

Youtuberの動画編集の主な仕事の流れとしては、撮影された動画素材をつなぎ、テロップを作成・挿入し、効果音などの音入れをするといった流れになります。

具体的には以下の通りです。

・撮影された映像・音声素材を動画編集ソフトに取り込む
・構成に基づいて映像の並べ替え、切り出し
・映像にあわせてテロップを作成、合成する
・音楽、効果音、ナレーションなどの音入れ
・仮編集した動画をクライアントに確認依頼

その後、修正・確認を繰り返し、納品という形になります。

YouTuber 動画編集の平均年収は?

ちなみに、動画編集の仕事の平均年収は約406万円です。

月給で換算すると32万円、初任給は21万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,651円、1,002円となっています。

【無料】YouTuber 動画編集ソフト

動画編集の中でも特に求人需要が高い、PR動画やYouTubeの編集でよく使用される動画編集ソフトは以下の3つです。

・Adobe Premier Pro
・After effect
・Final Cut Pro

中でも、『Adobe Premiere Pro』を指定するクライアントの割合がかなり高いので、Premier Proを重点的に学べるスクールをおすすめします。

動画編集ソフトを選ぶポイントは、「WindowsとMacどちらに対応しているか」「プラグイン・連携ソフトの豊富さ」「機能」「金額」「広く使われているか」の5つが重要で、Adobe Premier Proは全てのポイントを押さえています。

Youtubeで使える機材

動画編集ソフトや撮影機材を揃える

動画編集者として活動する場合、動画編集ソフトを自前で用意しておく必要があります。

最近では、『Adobe Creative Cloud コンプリートプラン』に契約して、PhotoshopやIllustrator、Premiere Proを活用して動画編集される方が多いです。

『Adobe Premiere Pro』は、人気YouTuberのヒカキンさんや瀬戸弘司さん、水溜まりボンドさんやヒカルさんも利用していることで有名で、素材を階層上に並べて複雑なモーションを作ったり、キャラクターを動かしてアニメーションにすることなども可能です。

撮影機材については、動画素材をもらって編集するだけなら必要ないですが、最近では撮影+編集の依頼パターンが増えているので、機会損失にならないためにも撮影機材は用意しておくことをおすすめします。

YouTuberにおすすめの撮影機材は以下の4点です。

・カメラ:iPhoneの最新モデル
※スポーツやアウトドアシーンを撮影したい方は、GoPro アクションカメラ HERO5 Black CHDHX-502がおすすめ。
・スマホ用マイク:【ユニバーサル版】外部マイク
・スマホ用三脚:【VIUME】スマホ三脚
・撮影用ライト:【SAMTIAN】スタジオ撮影ライト

YouTuber 動画編集を低価格で学ぶ

動画編集を低価格で学ぶなら「Udemy」

動画編集を低価格で、学ぶなら「Udemy」がおすすめです。

動画は1本あたり数時間〜数十時間と講座によって異なっており、価格は1,200円〜24,000円で購入することができます。講座は月額制ではなく、買いきりで1度購入した講座は何度も見返すことができます。

Udemyの詳細はこちら「Udemyの評判は?口コミ・料金を現役SEが徹底調査していく!」を参考にして下さい。

MovieHacks

買い切り型の講座で無制限のサポート付きである点が、MovieHacksの最大の特徴です。

・YouTuberを目指している方
・フリーの動画クリエイターを目指している方
・動画編集だけでなく、仕事の獲得方法についても知りたい方

MovieHacksは、69,800円という値段は、他の動画編集スクールと比較すると安いですが、『Udemy』のような動画買い切りサービスと比較すると高いといえます。

Udemyの動画は1本あたり数時間〜数十時間となっており、価格は1,200円〜24,000円で購入することができます。

講座は月額制ではなく、買いきりで1度購入した講座は何度も見返すことができます。

もし、ピンポイントでこの部分だけをかいつまんで学びたいという方は、『Udemy』がおすすめです。最大95%offになるセールも実施中です。

一方で、「何から学べば良いかわからない」「案件の紹介も受けつつ最短で稼げるようになりたい」という方は『MovieHacks』がおすすめです。

MovieHacksの詳細はこちら「MovieHacks(ムービーハックス)の評判は?料金/仕組み/口コミを現役SEが紹介」を参考にして下さい。

動画編集スクールでYouTuberが身に付けるべきスキル

動画クリエイターの主な仕事内容としては、撮影された動画素材をつなぎ、テロップを作成・挿入し、効果音などの音入れをするといった作業になります。

動画編集はある程度のレベルまでは独学で身に付けることができますが、高いクオリティを求められる編集だとどうしても手詰まりになってしまいます。

そこでこの章では、独学ではなかなか習得できない、動画編集スクールだからこそ身に付く知識やスキルについてご紹介します。

動画編集テクニック

動画編集スクールでは、テロップ作成やカット、アニメーションやカラーグレーディングなどの動画編集スキルが身につきます。

また、テロップ一つとっても、CGや細かいアニメーションを付け加えるなど流行りのテクニックもスクールでは学べるので、単純な作業者ではない付加価値の高い動画クリエイターを目指すことができます。

さらに、スクールによっては案件を獲得する方法や営業文章の添削サポート、クラウドソーシングの活用方法や請求書の発行方法など、フリーランスには必須の実務が学べるスクールも存在します。

動画編集者としての実務経験がゼロの状態から、スキル習得を目指すなら、スクールもおすすめです。

こちらの記事に「最新!動画編集/映像制作を学びたい方におすすめのスクール10選」口コミ・評判を解説していますについて解説します。

まとめ

日本だけでなく、世界中のどこにいても 仕事が出来るスキルを持っていることは、 将来的にかなり大きな財産になるのではないでしょうか?

1年後の自分の未来を変えるために、今から動画スキルを身に付けてはいかがでしょうか?

 

コメント