転職エージェントとは?転職サイトとの違いとメリット・デメリット!

転職エージェント

こんにちは、大企業で現役SEとして働いているアラサーSEのAI(アイ)です。

この記事を読んでいる人は

  • 転職して年収を上げたい
  • 将来のために何かスキルを身に付けたい

と思ったりするのではないでしょうか?

実際、経済産業省から発表されているデータでは、IT人材の不足は、現状17万人から2030年には約79万人に拡大すると予測されています。

しかし、

  • 転職エージェントがたくさんあって選べない
  • 転職エージェントを使っても本当に転職できるか不安

など、悩む方も多いと思います。

転職したいと思っても

「どんな仕事が自分に合うか分からない」

「忙しくて応募書類を多く書く時間や面接に行く時間が取れない」

と、一歩踏み出せずにいませんか?

すでに転職活動を進めている人も、応募書類を送ったら不採用で「自分の何がいけないのか」と、落ち込んだり、「自分は転職できるんだろうか」と不安になったりすることもあるでしょう。

1人で転職活動して悩みや不安や悩みを抱えている人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

この記事では、転職エージェントのサービス内容や利用する際のメリット、デメリットを紹介していきます。転職活動に上手に利用して下さい。

転職エージェントとは?

転職エージェントって何ですか?

「転職エージェント」とは、転職を希望する人と企業を結び付ける、仲介役となるサービスの総称です。

転職希望者の皆さんと企業とを結ぶ、架け橋のような役割をしているんですよ。

TVやCMなどで、電車の中吊り広告で「テックキャンプ」「DMMWEBCAMP」、「リクルートエージェント」などの名前は知っている人も多いのではないでしょうか。

「キャリアアドバイザー」と呼ばれる転職のプロが、転職希望者の経歴や能力を客観的に判断し、希望条件に合う転職先を紹介してくれます。

さらに、転職を成功させるためのサービスもいろいろと行っているんですよ。

具体的なその内容を見ていきましょう。

転職エージェントで受けられる主なサービス

転職エージェントが転職者に提供するのは、次のようなサービスです。

転職サービスの一覧

・求人案件の紹介

・転職市場の動向など、情報提供

・転職に関する相談の受付

・企業への求人応募手続きの代行

・面接の日程調整など、採用担当者とのやり取り

・履歴書・職務経歴書・志望動機の添削

・面接対策や改善のアドバイス

・給与などの条件交渉・・etc

これらの転職サービスを、転職希望者は無料で受けられます。(一部のハイクラス向けサービスを除く)

なぜ求職者は無料でサービスを受けられる?転職エージェントの仕組みを解説

転職エージェントは、転職希望者からではなく企業側からの、いわゆる「成功報酬」で成り立っています。

転職希望者が企業に入社して初めて、企業側から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みなのです。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーがいて、そのアドバイザーが転職希望者(求職者)のサポートをしてくれるのですが、運営会社などによって2つのパターンがあります。

1つは、企業と求職者の間に1人のアドバイザーが付き、双方の対応を同じにする人がいるパターン。

もうひとつは、企業側の担当者と求職者側の担当者が異なり、2人の人間が間に入るパターン。

このアドバイザーが、転職側、企業側、ぞれぞれの条件に合致する相手を探し、求職・求人活動を双方向からサポート。

転職エージェントは、斡旋した求職者が無事入社した場合のみ、企業側から成功報酬を受け取ることができるのです。

「斡旋」や、「成功報酬」とか、なんか怪しく感じますが、転職エージェントは、職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を得ているんです。

例え、無理に話を進めても、誰も得することはありません。

転職者がすぐに辞めてしまうと、その企業から転職エージェントへの信頼が失われてしまい、利益も減ってしまいます。

また、転職エージェントは、斡旋した転職者が試用期間中に自己都合退職した場合、報酬を一部変換するというシステムなのです。

「転職サイト」との違いで見る「転職エージェント」の特徴

「転職エージェントのことはよく知らないけど、転職サイトなら利用したことがある」という人も多いでしょう。

転職サイトだけでも転職活動はできます。でも転職に不安や迷いを持っている人には特に、転職エージェントも利用するのがおすすめです。

転職エージェントの最大の特徴は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談でき、さらに企業との手続きや交渉を代行してもらえること。

転職活動のプロセスを転職サイトと比較してみると、一目瞭然です。

転職エージェントと転職サイトの比較

転職サイトだと、応募企業の選定から条件交渉まで、全て自分が判断し行動しなくてはいけないですもんね。

転職エージェントが代わりにしてくれたら助かります。

転職エージェントでの悩みや不安の多くは、自分のキャリアや長所、短所を客観的に見られなかったり、応募書類の書き方や面接のノウハウを知らないために生まれます。

転職のプロであるキャリアアドバイザーなら、その悩みや不安を解消できる可能性が高いのです。

転職エージェントの主なメリットを5つ紹介

無料で利用でき、転職者向けサービスも充実している転職エージェント。

具体的なメリットは次のとおりです。

転職エージェントを利用する5つのメリット

1、自分に合う求人案件を紹介してくれる

2、応募先の実情や職場環境などを確保できる

3、履歴書添削や面接アドバイスをしてくれる

4、応募や日程調整を代行してくれる

5、給与や待遇の交渉をしてくれる

これらのメリットを見てみましょう。

1、自分に合う求人案件を紹介してくれる

転職エージェントを利用する際に、まず行うのが、キャリアアドバイザーとの面談です。

キャリアアドバイザーは面談で求職者の経歴やスキルを把握し、それに合う求人情報を紹介してくれます。

面談は基本的に対面ですが、電話やメールでも対応可能。地方に住んでいる人も利用できます。

転職エージェントなら非公開求人斡旋も受けられる

転職エージェントの多くが、企業の自社サイトや転職サイトなどで一般的に公開していない「非公開求人」を多く持っています。

大手転職エージェントなどでは、非公開求人が全体の約80~90%を占めるほどです。

なぜそんなに非公開求人が多いのですか?

主な理由は、人気が高い企業や職務内容などで、応募者が殺到するのを防ぐためです。

応募者が多いと、その一人ひとりに対応する企業側に大きな負担がかかります。

そのため企業側は、転職エージェントと利用応募者を振り込み、レベルの高い人材のみで考察を行うのが効率的だと考えているのです。

応募者が殺到するような良い求人情報なら、転職エージェントに登録してぜひ知っておきたいです。

2、応募先の実情や職場環境などを確保できる

会社の公式サイトや転職サイトでは、求人の募集要項は確認できます。しかし、採用の頻度や離職率、職場環境など細かいことは分かりません。

転職サービスなど、アドバイザーを通じて企業の詳しい情報や社内を知ることも可能です。

社員の年齢層の他、どんなスキルを持った人材が活躍しているのか、社内の雰囲気はどうか。

育休を取っている社員はいるか、などが分かれば、入社後のイメージもしやすくなりますね。

入社してから「なんだか想像と違う・・」では遅いですね。

そのとおりです。

採用基準や求める人材を事前に確認できるのも、転職エージェント利用の大きなメリットです。

3、履歴書添削や面接アドバイスをしてくれる

転職活動に欠かせないのが、履歴書や職務経歴書などの応募書類の提出と面接

マナーや注意すべきポイントを知らないと、それが原因で不採用になってしまうことがあります。

転職エージェントを利用すれば、自分をよりアピールできる職務経歴書の書き方や面接のコツを、キャリアアドバイザーに教えてもらうのです。

別の転職者がすでに同じ企業で面接を終えている場合、その質問内容を教えてもらえることもあります。

4、応募や日程調整を代行してくれる

企業への募集手続きはもちろん、企業とやりとりはすべて転職エージェントが行います。

在職中に転職活動を行っている場合、勤務中に電話やメールの対応するのは難しいですよな。

そんなときも、キャリアアドバイザーが企業とのやりとりを進めてくれます。

スピードが求められる面接の日程も、転職エージェントなら安心して任せられることができるのです。

5、給与や待遇の交渉をしてくれる

転職先を決める上で、重要となるのが、勤務条件。面接や内定後、企業の採用担当者から入社後の待遇についての確認があります。

提示された条件に不満があった場合、自分で企業側に交しょうできるでしょうか。

転職エージェントを利用していれば、直接企業側にはしづらい給与面や待遇などの交渉も、アドバイザーが代わりに行ってくれます。

例えば、給与などは、入社後すぐに上がることはありません。

納得できずに交渉するなら、転職エージェントにその旨を伝え、交渉してもらいましょう。

転職エージェントって、本当に便利なサービスですね。

ただ、転職エージェントにはデメリットもあります。

転職エージェントは万能ではない!

利用価値の高い転職エージェントですが、一方で次のようなデメリットも。

転職エージェントを利用するデメリット

1、応募の意思が企業まで届かないことがある

2、アドバイザーの情報が全て正しいとは限らない

3、アドバイザーの手腕で成果が左右されることもある

4、自分のペースで進められないこともある

転職エージェントのサービス自体に関わるデメリットを、アドバイザー個人によるデメリットがあります。

1、応募の意思が企業まで届かないことがある

応募者が多い場合、まずは転職エージェントで選考を行うため、自分が希望する求人に必ず応募できるとは限りません。

応募したい旨を伝えたのに、面接までこぎつけなかった場合は、その理由を担当のキャリアアドバイザーに確認してみましょう。

応募者多数による通過落ちの場合、どうしても応募したい場合、アドバイザーに交渉するか、転職サイトなどで求人情報が出ていないか探し、自分で応募するという手もあります。

2、アドバイザーの情報が全て正しいとは限らない

転職エージェントが企業との間に立つことで、求人要功や勤務条件に間違いは発生しないと思いがちです。

しかし、何人もの募集者の選考を経て、企業が求める人材も変わっている可能性があります。応募する前に求人内容を再度確認しておきましょう。

例えば、勧められた企業の中にブラック企業も含まれていることも。

ブラック企業を選ばないためには、アドバイザーに言われるまま転職先を選ぶのではなく、年間休日や残業時間といった勤務条件を自分の目でチェックすることも重要です。

3、アドバイザーの手腕で成果が左右されることもある

転職者のパートナーであるキャリアアドバイザー。頼りになる半面、問題もあります。

求職者と企業との間に立つ担当アドバイザーの手腕や人柄が、転職の行方を左右することも。

アドバイザーによる転職エージェントのデメリット

・業界の知識が足りず、スキルと給与が見合わない求人を紹介される

・転職者のペースを考えず、とにかく転職を急がせる

・自分の成果を優先させ、条件が悪い募集者や少ない求人を斡旋する

・不採用が続いても、原因の調査や対策のアドバイスをしない

キャリアアドバイザーも人間です。

それぞれ能力や業務に関係してくれることは否定できません。

どうしてもアドバイザーと相性が合わない場合、担当者の変更を転職エージェントに申し出ることもできます。

4、自分のペースで進められないこともある

転職サイトを利用して、自分で転職先を探す場合には、特に期限はありませんよね。

しかし、転職エージェントの場合、利用登録をしてからサービスを受けられる期間が限られることも。

例えば、リクルートエージェンシーでは、サービス提供機関が面談から約3ヵ月とされています。それ以降は、自分で応募先を探さなくてはいけません。

転職エージェントを利用する以外に、転職成功のコツはいくつかあります。

転職エージェントを上手く味方にして、転職を成功させよう

転職サイトなどで転職活動を進めていると、自分ひとりですべてを判断し、企業側とやりとりしなくてはなりません。迷ったり、行き詰まったりすることも。

そんな時は、転職エージェントを利用してみて下さい。

転職エージェントの口コミ・詳細はこちら「最新!ITに強いおすすめ転職エージェント10社を現役SEが紹介!」を参考にして下さい。

キャリアアドバイザーの客観的視点とアドバイスは、転職を成功へと導く大きなカギとなります。

転職サイトでは得られない非公開の求人や企業情報も、転職エージェントの強みです。

しかし一方で、担当アドバイザー個人の手腕や人柄によって、転職の行方が左右されてしまうことも。

自分にとって「どのキャリアアドバイザーが合うのか」を判断するには、複数の転職エージェントに登録し、その人柄や対応を比べることが最善の方法です。

頼れる転職エージェントを味方につけて、転職を成功させましょう。

コメント